ゲーム推奨PCサイト ゲーミングPCをおすすめ!

ゲーム最新のPC スペックとおすすめパソコンを安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PCゲーム

CoD:BO4 推奨スペックとおすすめPC【Blackout追記】

Call of Duty: Black Ops 4 (CoD:BO4) Blackout 推奨スペックとは「ゲーミングPCでコールオブデューティー ブラックオプス4とブラックアウトが快適にできるPCのスペック」を表しており、推奨動作環境とも呼ばれます。

PS4と違ってPC版は設定で画質などグラフィック変更できますが、最高設定でfps(フレームレート)がどれくらいかは分かりません。

そこで、Blackout (ブラックアウト)含めCoD:BO4 PC版の推奨スペックでどれくらい動くか調査し、144fpsや60fpsでるおすすめスペックの解説から推奨PC まで紹介します。

推奨スペック

CoD:BO4 推奨スペックの最新は「Blackout」含めて以下のようになります。

 

  推奨スペック
OS Windows 10 (64-BIT必須)
CPU Intel Core i5 2500K
またはAMD Ryzen R5 1600X
または同等以上のCPU
メモリ 12 GB
グラボ/GPU NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
または AMD Radeon RX 580
または GTX 970
または Radeon R9 390
容量(ストレージ) 100 GB以上の空き容量があるSSDやHDD
サウンドカード DirectX互換

これは2018年10月26日最新版の推奨スペックですが、CoD:BO4のバトルロイヤルモード「Blackout」のPCベータテストで要求されるPCスペックも同様です。

最新の製品版はベータ版からHDDが100GBに増量しました。

ほかのスペックのアップデート情報としては、9月のベータからCPUが若干下がり、8月のベータテストから変更されたスペックはハードディスクの容量が25GBから40GBに増えたくらいです。

eスポーツ推奨スペック

CoD:BO4の推奨スペックは「1080pモニター向けの高リフレッシュレート競技用スペック」もあります。

これは初心者向けにいうと「CoD:BO4で144Hzゲーミングモニターを使用しeスポーツ大会で戦うようなガチ勢の推奨スペック」ということです。

  推奨スペック
OS Windows 10 (64-BIT必須)
CPU Intel Core i7 8700
またはAMD Ryzen 1800X
または同等以上の CPU
メモリ 16 GB
グラボ/GPU NVIDIA GeForce GTX 1080
または Radeon RX Vega Graphics

グラボが GTX 1080 、CPUも最新 Core i7 など、メモリは 16 GB で、ゲーミングPCとしては割とハイスペックな感じになります。

4Kスペック

CoD:BO4は推奨スペックはさらに「4K向けウルトラスペック」もあります。

  推奨スペック
OS Windows 10 (64-BIT必須)
CPU Intel Core i7 8700K
またはAMD Ryzen 2700X
または同等以上の CPU
メモリ 16 GB
グラボ/GPU NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
または同等以上

ゲーミングモニター用スペックと違いは、グラボがハイスペックな Ti版GTX 1080、 CPUもスペックが10%くらい増えた K  付きの i7 8700K です。

GTX 1080 Ti は RTX 2080 やRTX 2080 Ti でも代用できます。

RTX 2080 の方がGTX 1080 Ti より 3~4%ほど若干スペック高いです。

推奨スペックでCoD:BO4がどれくらいできる?

推奨スペックでCoD:BO4はどんな感じか?

最高設定の高画質もヌルヌル?

fpsは?

と気になる方もいると思います。

なぜかと言うとPCが推奨スペックだからといって高画質で快適に動くとは限らないからなんですね。

実際にCoD:BO4を動かしてみたところ最高画質の設定でフレームレートと解像度は、以下のようになりました。

【Blackout (9月17日最新ベータテストのバトロワモード)】

  • 最高設定1920x1080で最小54fps、平均63fps
  • 最高設定2560x1440で最小29fps、平均38fps
  • 最高設定4Kで最小15fps、平均17fps

【Blackout ではないオープンベータテスト】

  • 最高設定1920x1080で最小58fps、平均81fps
  • 最高設定2560x1440で最小36fps、平均47fps
  • 最高設定4Kで最小16fps、平均20fps

フレームレートとは1秒間あたりのフレーム数で単位はfpsです。

PC ゲームで快適プレイは60 fps 以上が最低限必要とされてますが、フレームレートと144Hzゲーミングモニターなどリフレッシュレートが高ければ高いほどエイムなどで有利になるため144 FPS 以上でるスペックが推奨されることもあります。

設定で重要な解像度はプロゲーマー大会で採用される事が多い解像度 1080p(fhd)になります。

CoD:BO4 推奨スペックは惜しくも60fps には足りませんが、最小54fps~58 FPS 以上出てるので、ほぼほぼ快適の最低ラインに達しているのではないかと思います。

ですので推奨スペックはCoD:BO4が快適と一応は言える PC スペックではないでしょうか。

フレームレート(fps値)の動画

ほぼ推奨スペックで実際にCoD:BO4を最高設定1080pでプレイしてる動画を紹介します。

【PCスペック】

  • [CPU] Core i7 4770K
  • [GPU] GTX1060 6GB
  • [メモリ] 16 GB

フレームレートは左上数字列の一番下です。

上の方で説明したような fps値 になっていますね。

グラボ別ベンチマークのfps(Blackout)

CoD:Bo4 Blackout ベンチマーク (画質最高設定)をご紹介します。

最新グラボのRTX 2080で実際に動かして、フレームレートが改善されるのが計測しました。

グラボごとにスペックが違うので、fps値もヌルヌルかカクつくか全然違ったりするんです。

CoDBO4のfps制限は設定で解除することが可能です。

【 1920*1080(フルHD) / 最高画質 】
グラボ fps (最小=青,平均=緑)
RTX 2080
GTX1080 Ti
GTX1080
GTX1070 Ti
GTX1070
GTX1060 6GB
【 2650*1440(WQHD) / 最高画質 】
グラボ fps (最小=青,平均=緑)
RTX 2080
GTX1080 Ti
GTX1070 Ti
GTX1060 6GB
【 3840*2160(4K) / 最高画質 】
グラボ fps (最小=青,平均=緑)
RTX 2080
GTX1080 Ti
GTX1070 Ti
GTX1060 6GB

上はCPUが Core i7-8700 のフレームレートです。

推奨スペックのi7-4770でもK付きのi7-8700Kと同じfpsで変化は殆どないです。

RTX 2080搭載PCはガレリアXGでCODBO4を実際に動かし、それ以外は引用元 からです。

144fpsでるスペック

CoD:BO4が最高設定で144fpsでるPCスペックは、グラボ/GPUがRTX 2080 、CPUはi7-8700以上を搭載したスペックになります。

CPU はグラボに比較すればそれほど重要ではありません。

しかし、推奨スペック以上にするとfps(フレームレート)が10以上改善することもあります。

【 GTX1080Ti / FHD / 最高設定 】
CPU fps (最小=青,平均=緑)
i7-8700K
i7-8700
i5-8600K
i7-4770K

すでにゲーム PC を持っている場合、グラボだけRTX2080に交換しても、最高設定144 FPS 以上出る可能性はCPUによっては低いかもしれません。

これからゲーミング PC を買うならCPUはRTX 2080 搭載PC から選べば失敗することはないです。

なぜなら、まともなゲーミングPCショップなら、RTX2080グラボなら i7-8700以上のCPUなのは確実だからです。

他のゲームをしたりCoD:BO4配信もしたいなら i9-9900K などK付きCPU にして、スペックがさらに高いものにした方が良いかもしれません。

ちなみにCoD:BO4配信するならメモリーは推奨スペックよりも多い 16 GB~32GB がおすすめです。

フレームレートは厳密に言うと最高画質の解像度1080pで、最小110fps、平均144fpsになります。

最小で144fps は出ていませんが、しっかり144hz ゲーミングモニターを使用できるくらい高いフレームレートのスペックです。(どうしても最小で144fpsとなると、グラフィックボードだけで20万円近くする RTX 2080 Ti か SLI (グラボ2枚) になりますね・・・)

なお、設定を少し下げれば最小144fps 以上でます。

例えば設定を高画質にしてアンチエイリアスを少し下げれば、170fpsから220fps になります。

配信用PCスペック

CoD:BO4を配信するPC スペックで重要なのは メモリとCPU になります。

特にメモリーは16 GB 以上が必須になります。

これはゲームの他に動画配信アプリを起動するためです。

YouTube にアップされているゲーム実況動画を見ると、ほとんどの方のPCスペックが16 GB 以上になっていることからもわかると思います。

また生でリアルタイム配信する場合、特に Web カメラを使用するとかなり CPU スペックを使います

生配信でなくとも動画編集はメモリと CPU スペックが不足すると重くなるので注意しましょう。

スペック不足のPCは、CoD:BO4配信の音ズレの原因にもなります。

ゲームだけではインテル CPU の方が対応が早いので推奨していますが、配信をする場合は AMD 社の CPU の方がコア数スレッド数が多い上に安いので検討する価値があります。

インテル Core i7-8700K (6コア12スレッド)や、コア16スレッドの i9-9900K、AMD Ryzen 7 2700Xなどもコスパが良いのでおすすめ。

以上のことを念頭に入れてから、配信したい画質とフレームレートに対応したスペックのグラボ GPU からゲーミング PC を選びましょう。

PCの値段

CoD:BO4 PC 推奨スペックの値段は安くても約13万円以上が相場です(税抜き)。

  • デスクトップ(モニタ無し):約13万円以上
  • ノートパソコン:約16万円以上

※ノートはデスクトップと違って小さくてディスプレイ込みの性質上、比較して高い価格になります。

2018年10月24日現在14万円程度で推奨スペックの PC が買えると言っても、20万円~30万円クラスのゲーミングPCの方が人気になっています。

PS4と違って PC 版は最高設定や高画質144fpsや60fpsでプレイしたい、VRもしたい、数年後も推奨スペックを満たしたい等、のメリットがあるからでしょう。

 

144fpsでるCoD:BO4推奨PC

CoD:BO4が最高設定で144fpsでるおすすめPCは、RTX 2080 ゲーミングPCです。

実際にRTX 2080 ゲーミングPCで動かしました。

 

  • 最高設定1920x1080で最小110fps、平均144fps
  • 最高設定2560x1440で最小106fps、平均129fps
  • 最高設定4Kで最小54fps、平均57fps

RTX 2080 ゲーミングPCは、ドスパラやマウスコンピュータなどが有名です。

ガレリアXGのおすすめポイントは最高設定1920x1080で平均144fpsでることを実際に確認したことです!

メモリは8GBで少しスペック不足してますが、実際に動かしたところ特に問題ありませんでした。

ほかにおすすめとして、SSDが大容量500GBもあることです。

※BTOなのでメモリ16GBにカスタムできます。

また、そのカスタマイズで、CPU に水冷クーラーが搭載可能です。

水冷は静音性が良いので、CoD:BO4など配信する時に余計な音が入らないのでおすすめです。

 

下の方にPCスペックを比較した表を用意しました。

いろいろな違いがあるので確認してみてください。

PC購入時にスペックのカスタマイズ(構成内容を変更)することが可能なので、好きなメーカーの PC を買うのもありです。

GALLERIA XG NEXTGEAR-MICRO im620PA1
販売元 ドスパラ G-Tune(マウスコンピューター)
CPU Core i9-9900KF《無料ア
ップグレード中》
インテル Core i7-9700K
GPU NVIDIA GeForce RTX
2080 8GB
GeForce RTX 2080
メモリ 8GB DDR4 SDRAM 16GB PC4-19200
SSD 500GB SSD
HDD 2TB HDD《無料アップグレード中
1TB
電源 700W 静音電源 (80PLUS
GOLD)
700W 《80PLUS BRONZ
E》
価格 199,980 239,800
詳細は画像をクリック!
※最新の価格やお見積は上記PC画像のタップ先にてお願いいたします。

120fpsでるおすすめPC

CoD:BO4が120fpsでるおすすめ PC はGTX 1070 Ti を搭載スペックのゲーミングパソコンです。

推奨スペック以上の CPU に GTX 1070 Ti を搭載すると、平均120fps 以上、最小90fps 以上でます(最高設定1080p)。

  • 最高設定1920x1080で最小91fps、平均127fps
  • 最高設定2560x1440で最小56fps、平均74fps
  • 最高設定4Kで最小26fps、平均33fps

最強スペックには一歩及びませんが、最高設定で快適でありながら出来るだけ安くゲームPCを買いたい方におすすめ。

ドスパラやパソコン工房などの大抵のパソコンショップで、GTX 1070 Ti 搭載ゲーミング PC が人気ランキング1位です。

ドスパラのゲームPCのガレリアZVのおすすめポイントは、500GB SSD搭載という大容量なところです。

PC買い替え理由に「CoD:BO4が重い」がありますが、SSDなら読み込みで重くなることがないのでPC寿命も長くなります。

 GALLERIA ZV
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-9700K
GPUGeForce RTX2060 6GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM
SSD512GB NVMe SSD
HDD2TB
電源650W 80PLUS BRONZE
価格:159,980
※最新の価格やお見積などは上記「詳細はコチラ!」タップ先にてお願いいたします。

 

下の表にドスパラとパソコン工房、マウスコンピューターのGTX 1070 TI 搭載ゲーミング PC の比較を掲載しました。

GALLERIA ZV NEXTGEAR i680GA1-SP プロマルチゲーミングチーム「父ノ背中」コラボレーションモデル
販売元 ドスパラ G-Tune(マウスコンピューター) パソコン工房
CPU インテル Core i7-9700K
インテル® Core™ i7-870
0
Core i7-8700K
GPU GeForce RTX2060 6G
B
GeForce® GTX 1070
Ti (8GB)
GeForce GTX 1070 T
i 8GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM 16 GB 16GB
SSD 512GB NVMe SSD 240GB 250GB NVMe対応 M.2 S
SD
HDD 2TB 2TB 1TB
電源 650W 80PLUS BRONZE
700W [80PLUS® BRON
ZE]無償アップグレード!!
500W 80PLUS SILVER
認証
価格 159,980 189,800 179,980
詳細は画像をクリック!
※最新の価格やお見積は上記PC画像のタップ先にてお願いいたします。

PC 画像タップ先の詳細ページではかなり詳しく書いてあるので、眺めてみるだけでも楽しいと思います。是非どうぞ。

60fps以上の推奨PC

CoD:BO4が60fps以上でるのは、推奨スペックのゲーミングPC になります。

ほとんどのゲーム PC ショップではGTX 1060搭載スペックPCが売れ筋ランキング2位や3位になっています。

ですので、CoD:BO4 推奨スペック ギリギリのPCでも、人気のゲーミング PC になります。

ドスパラのガレリア XTがおすすめですが、大容量の500 GB SSD を搭載しているのがポイントです。

SSDやHDDの容量が大きいとCoD:BO4含め様々なゲームをインストールできるので、長く使えるPCとなるため推奨しています。

 GALLERIA XT
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-8700
GPUNVIDIA GeForce GTX1660Ti 6GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM《無料アップグレード中》
SSD512GB NVMe SSD《無料アップグレード中》
HDD1TB HDD
電源500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
価格:129,980
※最新の価格やお見積などは上記「詳細はコチラ!」タップ先にてお願いいたします。

CoD:BO4はノートでできる?

CoD:BO4は、推奨スペック以上ならノートでも動作します。

コールオブデューティー ブラックオプス4 PCのスペックは、デスクトップを想定されているので分かりにくいですよね。

CoD:BO4ゲームノートを買うときのデスクトップが違う注意点としては、より精密になるのでデスクトップより価格が高くなって、ノートPCのほうが性能が低くなることです。

それでもCoD:BO4をノートでやるなら、推奨スペック以上のゲーミングノートです。

デスクトップと違ってノートは買った後にグラボ CPU の交換の仕方がないので、スペックが低いとか重いと感じた時は基本的に買い換えるしかありません。

ですので推奨ゲームノートPCは、Call of Duty: Black Ops 4 推奨スペックより性能が高いGTX 1070 以上を搭載したノートを推奨 PC とします。

 GALLERIA GCF1070NF
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-8750H
GPUGeForce GTX1070 8GB
メモリ8GB
SSD250GB SSD
HDD1TB
モニタ17.3 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート120Hz LEDバックライト液晶 (1920×1080ドット表示)
その他17型ノート
価格:235,980

2019おすすめゲーミングPCランキング!

増税前が安くゲーミングPCを買える最後のチャンス!

2019年おすすめのゲーミングPCについて、人気の売れ筋ランキングや、いつ買い替え時期になるか、構成スペックや寿命なども解説をしているので、以下のページをご覧ください。

ゲーミングPCおすすめ2019!

ゲーミングPCの比較・検索

当サイトではゲーミングPCを検索できるシステムがあります。

価格や、各PCゲームで快適にプレイできる画質(グラフィック)設定、メーカー等から、検索・比較ができます。もちろん無料です!

まずは最新PCゲームが快適に遊べる画質設定から分けたので、下記のリンクからどうぞ!

【8万円~】低~中画質で動く

RTX 2060【14万円~】高画質で快適

RTX 2070【17万円~】最高画質で快適

RTX 2080以上【19万円~】最強!4Kも可!

-PCゲーム
-,