ゲーム推奨PCサイト ゲーミングPCをおすすめ!

ゲーム最新のPC スペックとおすすめパソコンを安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PCゲーム

BF5 PC 最低スペックとおすすめPC

BFシリーズ最新作PC版『Battlefield V(BF5、バトルフィールド 5, BFV)』の最低スペックが公開されました。

そこで、BF5はグラボなしでもできる?ノートでも動く?フレームレート(fps値)はどれくらい?などの疑問から、おすすめPCも紹介します。

BF5 最低スペック

BF5 (BFV) の最低スペックが公開されました。

最低スペックとは、必要スペック・必要動作環境とも呼ばれ、基本的にこれより下の性能のPCはBF5ができない・動作保証されません。

以下が最低スペック表ですが、BF5はグラボなしでは動作しないので、ゲーミングPCが必要になります。

OS Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 各64bit版
CPU Intel Core i5 6600K
または AMD FX-6350
メモリ

8 GB

グラボ/GPU NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB
または GeForce GTX 660 2GB
または AMD Radeon HD 7850 2GB
容量(ストレージ) 50GB以上の空き容量があるSSDやHDD
DirectX 11.0互換ビデオカードまたは同等の性能

BF5の最低スペックは前作BF1と殆ど同等のようですね。

基本的に、CPUよりもグラフィックボード(グラボ)やGPUが重要になります。(グラボが良ければ、スペックよりCPUが多少低くても動く傾向)

しかし、GTX 660のグラボは販売終了しているので、似たようなグラボとして GTX 1050 も併記されてますね。

CPUに関して、前作は8コアまで対応したので、6コアのCore i5-8400 でもBF5の最低スペックを満たすと思います。

※2018年6月7日、この最低スペックは公式の掲載ミスの誤報のようです。以下からBF5 最低スペックが前作と同じだったらという想定で書いています。正式発表まで一応掲載しておきます。

※2018年6月28日、最低スペックが公開されましたが、誤報のスペックにGTX 1050 が付加された程度で殆ど同等でした。修正内容は本記事にも反映されています。

※2018年9月1日追記、9月6日からのオープンベータテストも最低スペックは同様になります。

最低スペックでBF5がどれくらいできる?

最低スペックでBF5はどんな感じか?と気になる方がいると思います。だいたいは以下のようなプレイスタイルになります。

  • 設定グラフィック品質は最低でも良い!画質にこだわらない!
  • とりあえずBF5ができればOK!たまにカクついてもいい
  • 勝てなくても楽しめる!負けてもイイ♪

いわゆるエンジョイ勢といった感じですね。

これでもよいなら、最新のCore i5 と GTX 1050 搭載のゲーミングPCから、BF5最低スペックのPCを簡単に探すことができます。

プレイ動画・フレームレート(fps値)

最低スペックに近いPCのマルチプレイ動画を見つけました。

このフレームレートは、基本的に1秒間あたりのフレーム数で単位は fps です。ゲームにおいては 60fps以上が快適とされていますが、100fps以上を好む方も多い。

前作のですが、BF5も似たような感じになると思うので参考にどうぞ。

【PCスペック】

  • [CPU]  Core i5 6600K  3.50Ghz
  • [GPU] GTX1050 2GB
  • [メモリ] 16 GB

解像度はフルHDで画質設定は、ウルトラ、高、中、低と順に変更しています。フレームレートは左の緑色の数値の一番上です。

意外とフレームレートは高く、動画6:46以降の中画質くらいで平均60fps以上になっている感じですね。

最後の方で設定が低画質になると90fpsや100fps以上にもなっています。

PCの値段

最低スペックの値段は約9~10万円が相場ですね。

ただ、ノートPCは多少高くなります。

  • デスクトップ(モニタ無し):約9万円以上
  • ノートパソコン:約10万円以上

【約9万円】GTX 1050 おすすめPC

BF5最低スペックでおすすめはガレリアDSです。値段は89,980円

GALLERIA DS のおすすめポイントは、BF5の最低スペックをそなえて
かつ「安い」
ことです。

 GALLERIA DS
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i5-8500
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 2GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
HDD1TB HDD
電源DELTA 450W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-450EB E)
価格:89,980
コメント
最新CPU Core i5-8500とエントリー向けGPUのGTX1050 を搭載した格安PCです!

※最新の価格やスペックなどは上記「詳細はコチラ!」画像リンクにてご確認お願いいたします。

クチコミ

マシンスペック、コストパフォーマンスともに大変満足しております。また利用したいと思います。

Q: このパソコンでpubgはできますか?
A: 可能ですがGTX1050では平均60fpsが出しづらい為、金銭面で余裕があるならばガレリアDTやガレリアDJなどが望ましいです。

BF5最低スペックと似たPCを買った方の感想としてPUBGがあります。

PUBGはBF5と最低スペックが似ていますが、BF5と違いフレームレートが出にくく、GTX 1060 搭載PCのガレリアDTガレリアDJがおすすめされていますね。

ノートPCでできる?

ノートパソコン派の方、BF5 (BFV)の最低スペックのノートが気になると思います。

BF5最低スペックはデスクトップ用であり、ノート用ではないです。

例えば Core i5 6600K はノートには基本ないので、代わりに Core i5-8300H が搭載されていることが多いですが、性能は微妙に違います。

  • Core i5 6600K 3.50Ghz (4コア/4スレッド) [デスクトップ]
  • Core i5-8300H 2.30 GHz (4コア/8スレッド) [ノート]
  • Core i7-7700HQ 2.80 GHz (4コア/8スレッド) [ノート]

デスクトップと比較したノートの注意点として、CPUの性能が低くなる傾向と、購入後にグラボ・GPUの交換は不可能という点があります。

それを補うため、GTX 1050 より高性能な GTX 1050 Ti 搭載ゲームノートがおすすめです。

ノートのプレイ動画・フレームレート(fps値)

GTX 1050 Ti 搭載ノートのプレイ動画が見つかったのでご覧ください。

【PCスペック】

  • [CPU]  Core i7-7700HQ 2.8GHz Turbo 3.8GHz 6MB
  • [GPU] GTX1050 Ti 4GB
  • [メモリ] 16 GB

フレームレートは中央文字列の下にあります。最初はシングルプレイ、後半はマルチプレイです。解像度はフルHDで画質設定は、ウルトラ、高、中、低と順に変更しています。

マルチプレイの中画質は11:01、低画質は13:01からです。この動画のノートは GTX 1050 Ti 搭載なのに、性能が低いはずの GTX 1050 搭載デスクトップPCの動画と同程度のフレームレートですね。

おすすめノート(GTX 1050 Ti)

 GALLERIA GCF1050TGF-E
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i5-8300H
GPUNVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
SSD250GB SSD
HDD1TB HDD(5400rpm)
その他15.6インチ フルHD 液晶(1920×1080)
価格:129,980
コメント
予算を抑えたい方におすすめのスリムゲーミングノートです!重量が2kgで他のゲーミングノートより軽く一般的なノートに近い重量なのもおすすめなポイントです。

※最新の価格やスペックなどは上記「詳細はコチラ!」画像リンクにてご確認お願いいたします。

ゲーミングPCの比較・検索

当サイトではゲーミングPCを検索できるシステムがあります。

価格や、各PCゲームで快適にプレイできる画質(グラフィック)設定、メーカー等から、検索・比較ができます。もちろん無料です!

まずは最新PCゲームが快適に遊べる画質設定から分けたので、下記のリンクからどうぞ!

【8万円~】低~中画質で動く

GTX 1060【11万円~】高画質で快適

GTX 1070【14万円~】最高画質で快適

GTX 1080以上【19万円~】最強!4Kも可!

-PCゲーム
-, , , , , , , , ,