ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PC 比較・レビュー

TITAN X搭載PC レビュー!GTX1080を超える評価!G-Tune NEXTGEAR i650PA7-SP5

2016/11/29

NVIDIA TITAN Xを搭載した、マウスコンピュータ『G-Tune』の『NEXTGEAR i650PA7-SP5評価 レビューです。

TITAN X GTX 1080を超える最強GPUですが、NEXTGEAR i650PA7-SP5はそれに見合ったCPUやメモリ、SSD等を揃えたモンスタークラスのゲーミングPCです。

CPU i7-6700K SSD 480 GB
GPU TITAN X HDD 3 TB
メモリ 32 GB 電源 700 W

TITAN Xだけで17万円以上するだけにPCのお値段も 329,800円 からですが、最新PCゲームが出ても買い換える必要なく、MOD大量導入で4K解像度も快適、超グラフィックのVRを体験できると考えると、高いどころか格安価格とも言えます。

(価格やスペック、各PCゲームのベンチマーク・動作確認等は2016年11月28日現在のものであり、製品仕様・販売価格は変更となる場合があります。また、価格表記は税抜きであり、レビュー機はレンタルしたものです。)

nextgear-i650pa7-sp5

TITAN X

titan-x

上は TITAN X 搭載グラフィックボードの画像です。TITAN X とはトップクラスであるGTX 1080をさらに超えるGPUで、GTX 1080でも厳しいことがある最新グラフィック4K解像度を唯一快適に遊べるグラボです。

ベンチマーク(PC ゲーム、VRなど)

3DMark 全世界上位2%!

TITAN X ベンチマーク 3DMARK

NEXTGEAR i650PA7-SP5の評価は、3DMark Fire Strikeによると『19739』で全体の98%より上、つまり世界中のゲーミングPCの中で上位2%という驚異的なスコアです!

さすがはTITAN Xだけあり、前回のGTX 1080 水冷化PCの「17112」を「2627」も超えています

また、VRのベンチマークであるVRMARK ORANGE ROOMでは、プレミアムハイエンドPCを超える『9345』で、PCVR推奨スペックPCの約1.87倍のスコア

Fire Strike 1.1 19739
VRMARK ORANGE 9345
Fire Strike ULTRA 1.1 6690
Time Spy 1.0 8150


titan-x-温度

上は TITAN X の温度です。GTX 1080を超えるとなると、発熱が気になるところですが、Fire Strike のストレステストでは 84度。GTX 1080 に比較し3~4度高いだけです。

SteamVR

TITAN X STEAM VR

SteamVRでも最高値の11!90 fps 以下のフレームは勿論一つもないため、VR酔い対策は万全です!

平均忠実度 11 / 11 (非常に高い)
テストされたフレーム 21090
90 fps 以下のフレーム 0 (0%)
CPU バウンドフレーム 0 (0%)

theBlu (HTC Vive)

theblu

HTC Vive用VRゲームの中で比較てき重いtheBluで、クラゲの大群が出てもほぼ90fps張り付きです!

最小 平均 最大
89 fps 89.53 fps 91 fps

VR カノジョ 体験版

titan-x-vr-kanojo

VR カノジョ 体験版のベンチマークでは、最高設定のハイクオリティでも 89 fps!動作快適度も最高の星3です!

設定 スコア fps 動作快適度
クオリティ 500880 89 fps ★★★:快適(推奨)
ハイクオリティ 500928 89 fps ★★★:快適(推奨)
ハイクオリティ / パンスト 500856 89 fps ★★★:快適(推奨)

スカイリム スペシャル・エディション

スカイリム スペシャル・エディション

Skyrim Special Edition ウルトラ画質は、WQHDで140fps、4Kでも60fps以上の71fps、ヌルヌル快適です!

 解像度 最小 平均 最大
1920x1080 133 fps 158.84 fps 271 fps
2560×1440 123 fps 139.77 fps 190 fps
3840×2160 63 fps 70.92 fps 78 fps

BF1 (バトルフィールド1)

Bf1-Battlefield1-01-500x281

バトルフィールド1(BF1) 解像度1920x1080 の フレームレートです。最高画質であるウルトラでも約140 fps!ゲーミングモニターも活かせます!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
165 fps 186.83 fps 201 fps
148 fps 162.50 fps 191 fps
ウルトラ 143 fps 153.67 fps 172 fps

Civ6 (シヴィライゼーション6)

Civilization 6

シヴィライゼーション6のベンチマークです。4K解像度でグラフィック設定が最高画質「ウルトラ」でも約68fps!

平均ターン時間も17秒なので、待ち時間も短いです!

設定 平均フレーム時間 平均fps 平均ターン時間
1920x1080 14.910 ms 67.07 fps 17.10
2560×1440 14.493 ms 69.00 fps 17.05
3840×2160 14.559 ms 68.67 fps 17.05

オーバーウォッチ

Overwatch

オーバーウォッチ PC版は解像度1920x1080の高画質でも245fps、エピックでも159fpsなので、最高画質でもゲーミングモニターを活かせます!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
低画質 299 fps 300.03 fps 302 fps
204 fps 244.83 fps 197 fps
エピック 128 fps 159.10 fps 196 fps

ToS (ツリーオブセイヴァー)

Tree of Savior

ToSを最高画質、垂直同期をオフでベンチマークしました。混雑していても平均fpsは高いです。

 解像度など 最小fps 平均fps 最大fps
1280x768 154 fps 160.47 fps 181 fps
1920x1080 139 fps 165.47 fps 163 fps
1280x768 / 混雑3 60 fps 62.73 fps 65 fps
1920x1080 / 混雑3 58 fps 61.00 fps 63 fps

フォールアウト4

fallout4

ウルトラ画質でもFHDとWQHDは120fps以上で余裕!4Kでも60fpsなので快適です!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
1920x1080 100 fps 128.70 fps 164 fps
2560x1440 98 fps 126.07 fps 157 fps
3840x2160 54 fps 59.83 fps 61 fps

FF14

蒼天のイシュガルド

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 /DirectX 11 20652 (非常に快適)
最高品質 / 2560×1440 / DirectX 11 17153 (非常に快適)
最高品質 / 3840×2160 / DirectX 11 8998 (非常に快適)

新生エオルゼア

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 /DirectX 11 25642 (非常に快適)
最高品質 / 2560×1440 / DirectX 11 21199 (非常に快適)
最高品質 / 3840×2160 / DirectX 11 12075 (非常に快適)

ドラクエ10

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 21150 (非常に快適)
最高品質 / 3840×2160 20244 (非常に快適)

PSO2

設定 スコア
エピソード4 / 最高品質 /1920×1080 / 設定6 74334 (非常に快適)
Ver.2.0 / 最高品質 /1920×1080 / 設定5 179442 (非常に快適)

マインクラフト PC

minecraft-1.9.2

設定 最小 平均 最大
12 chunk 436 fps 548.17 fps 628 fps
32 chunk 169 fps 234.20 fps 477 fps

ケース

簡単に言うと、防塵フィルター付きでホコリ対策が万全、前面にUSB 接続端子が4つもあって使いやすいケースです。

G-TuneのNEXTGEARシリーズは共通のケースを採用しているので、詳細は以前レビューした、GTX 1060搭載 NEXTGEAR i650SA6 を参考にしてください。

静音性

静音性を調べました。室内は31.0dBAです。

低負荷時39.3dBAですが、BGMが鳴るゲーム中なら気にならないレベルです。高負荷時でもあまり差はありませんし、爆速のTITAN X搭載の割には静かな方です。

PCからの距離 低負荷時 高負荷時
50 cm 39.3 dBA 39.6 dBA
70 cm 37.3 dBA 38.6 dBA

スペック

CPU インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィック NVIDIA TITAN X(12GB)
メモリ 32GB PC4-17000 (8GB×4/デュアルチャネル)
SSD 480GB Serial ATAIII
HDD 3TB SerialATAIII 7200rpm
チップセット インテル® Z170 Express
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー マルチカードリーダー
電源 700W 【80PLUS® BRONZE】
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

マザーボードのチップセットが高い拡張性を持つZ170 ExpressですSATA SSDより5倍早いM.2 PCIe 3.0 x4接続のSSDを搭載できますし、CPUのi7-6700Kをオーバークロック(OC)してさらに性能を引き出せます

なので、将来さらにハイスペックなグラボに交換しても、OCすればCPUが足を引っ張ることは無いです。ただしOCは自己責任なので、保証期間後にスペックが物足りなくなった時にしましょう。

とはいえ、i7-6700KはOCしなくてもi7-6700より10%性能が高いですし、世界最高峰のTITAN Xを交換したいと思うことは、まず無いです。

電源は大容量 700WTITAN Xの消費電力250Wに比較して、かなり余裕があります。今後、経年劣化で電源容量が多少減っても大容量なので、安心して長く使えます。

また、メモリ、SSD、HDDともに大容量なので、MODを大量導入する時に非常に役に立ちます。スペックだけみても非の打ち所がないモンスタークラスのゲーミングPCです。

まとめ

NEXTGEAR i650PA7-SP5 の評価 (Fire Strike)は世界上位2%です!

さすがは、現在シングルGPUで最強と言えるTITAN Xを搭載し、CPUもi7-6700K、メモリ32GB、SSDも480GBという超ハイスペックPCです。

お値段は329,800円から。万人に進められる価格ではないですが、4K解像度やVRを最高グラフィックで快適に遊びたい場合、GTX 1080では力不足の場合があるため、TITAN X搭載PCをおすすめしたいです。また、考え方によっては、通常のゲーム用PCより買い換え頻度が減るため安いと言えます。

価格やスペックは、2016年11月28日現在のものなので、時期により変わる場合があり、さらに安くなってることも!PC購入の際は、自分好みにカスタマイズ可能ですし、ぜひ下記リンク先から実際に確認してみてください!

TITAN X搭載PC レビュー!GTX1080を超える評価!G-Tune NEXTGEAR i650PA7-SP5
10.02

性能

11/10

    将来性・拡張性

    11/10

      MOD対応

      12/10

        デザイン

        8/10

          コスパ

          8/10

            良い点

            • TITAN Xで世界上位2%
            • i7-6700KでOC可能
            • メモリ32GB+SSD 480GBで大容量MODも対応
            • 最新ゲームが4Kでもヌルヌル快適
            • PC VR対応で非常に快適

            悪い点

            • 超ハイスペックなので30万円以上のお値段

            ↑の「詳細はコチラ!」をクリック!無い場合は↓をからどうぞ!

            マウスコンピューター/G-Tune

            -PC 比較・レビュー
            -, , , , , , , ,