ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PC 比較・レビュー

GTX1080とi7-6700Kのダブル水冷で30度も低い!スカイリムSE等ベンチマーク!G-Tune NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL レビュー

2016/11/09

NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL

マウスコンピュータのゲーミングPC『G-Tune』の『NEXTGEAR i650PA7-SP3-DLのレビューです。VRやPCゲームを実際に動作確認したり、ベンチマークや比較・レビューしました。

NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL は、ダブル水冷、つまりCPUとGPUの両方とも水冷クーラーを搭載したパソコンです

PCスペックは、CPUにインテル Core i7-6700K、GPUにGeForce GTX 1080(8GB)、メモリ 16GB、さらにSSD 240 GBとHDD 2TB搭載!

お値段は 204,800円からで、トップクラスのPCを水冷した割にかなり安いです!

(価格やスペック、各PCゲームのベンチマーク・動作確認等は2016年10月29日現在のものであり、製品仕様・販売価格は変更となる場合があります。また、価格表記は税抜きであり、レビュー機はレンタルしたものです。)

ダブル水冷(グラボとCPU)のメリット

ダブル水冷

上の丸いのがCPUで、下がグラフィックボードです。両方共に冷却液が充填されたチューブが挿してあります。

あくまで今回の貸出機に関してはですが、この水冷グラボは 11万円以上する MSI GTX 1080 SEA HAWK X のOEMで、他のPCでよく搭載されてる GTX 1080 FOUNDERS EDITION よりもコアクロックが高く高性能です。

水冷部分のメンテナンスは必要なく、通常の空冷と違いホコリが入ることもないため、結果としてPC寿命も延びるメリットがあります。

代わりに、CPUやグラフィックボードの交換を自分で行うのが面倒になりますが、i7-6700K+GTX 1080は超ハイスペックなので、これ以上スペック向上する必要はありません。

ケースの詳細については、GTX 1060搭載 NEXTGEAR i650SA6 レビューを参考にしてください。防塵フィルター付きケースなので、ホコリ対策が万全となっています。

水冷でグラボの温度が30度も低い!

水冷 グラボ GTX 1080

水冷の効果を調べるべくGPUの温度を計測しました。上記は3Dmarkベンチマークのストレステスト時の温度グラフです。室内は24度です。

なんと、水冷だと最大でも51度です!空冷FANのGTX 1080の温度は80度前後なので、最大30度も違いが有ります。

熱はゲーミングPCにとって大敵ですが、冷却性能が高ければPC寿命も延びるため、PCを買い換えずに長く使えるメリットも大きいです。

また、GPUには「GeForce Boost」という温度に余裕があるとクロックを上げる機能があるので、水冷にするとよりハイスペックになります。

ちなみに、水冷化してない同スペックPCと価格差は2.5万ほどですが、ダブル水冷は自作ユーザーでも難しいので、上記のメリットを考えればむしろ安いです。

水冷の静音性

静音性を調べました。室内は32.0dBAです。

PCから50cmの位置に騒音計を置いた場合、低負荷時38.8dBA、高負荷時は40.9dBAです。

ダブル水冷のせいか、ほぼ同スペックで同ケースの空冷より2dBAほど大きいですが、ゲーム中なら気にならないレベルです。

PCからの距離 低負荷時 高負荷時
50 cm 38.8 dBA 40.9 dBA
70 cm 37.3 dBA 38.3 dBA

 PCゲーム・VRの動作確認・ベンチマーク

3DMark 全世界で上位5%!

GTX 1080 3Dmark Firestrike

3DMark Fire Strikeでは、なんと全体の95%より上!

つまり全世界のゲーミングPCの中で上位5%の超ハイスペックです!

Fire Strike 1.1 17112
Time Spy 1.0 6583

スカイリム スペシャル・エディション

スカイリム スペシャル・エディション

流石GTX 1080だけあって、Skyrim Special Edition の4Kでも50fps以上、WQHDでは90fps以上、FHDなら165 fpsでヌルヌル快適です!

スカイリム SE

 設定 最小 平均 最大

ウルトラ / 1920x1080

129 fps 165.31 fps 231 fps

ウルトラ / 2560×1440

87 fps 97.17 fps 105

ウルトラ / 3840×2160

46 fps 51.73 fps 57 fps

無印

 設定 最小 平均 最大

ウルトラ / 3840×2160 / 高解像度MOD

89 fps 101.53 fps 116 fps

PC版BF1 (バトルフィールド1)

Bf1-Battlefield1-01-500x281

バトルフィールド1(BF1) 解像度1920x1080 の フレームレートです。最高画質であるウルトラでも平均156 fps!ゲーミングモニターもフルに活かせます!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
198 fps 199.97 fps 201 fps
170 fps 191.63 fps 201 fps
ウルトラ 138 fps 156.67 fps 173 fps

PC版オーバーウォッチ

Overwatch

オーバーウォッチ PC版は解像度1920x1080のエピック画質でも120fps以上、高画質でもゲーミングモニターを完全に活かせます!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
低画質 299 fps 300.03 fps 302 fps
158 fps 184.60 fps 249 fps
エピック 103 fps 121.27 fps 158 fps

Civ6 (シヴィライゼーション6)

Civilization 6

シヴィライゼーション6のベンチマークです。解像度1920x1080でグラフィック設定(パフォーマンスインパクトとメモリ)を最高画質「ウルトラ」でも平均77fps!

設定 平均フレーム時間 平均fps
ウルトラ 12.848 ms 77.83 fps

ToS (ツリーオブセイヴァー)

Tree of Savior

ToSを解像度1280x768、垂直同期をオフでベンチマークしました。グラフィック設定最高でも快適です。

  最小fps 平均fps 最大fps
最高画質 117 fps 126.05 fps 144 fps
最高画質 / 混雑3 50 fps 60.40 fps 68 fps

PC版FF14

GTX 1080 FF14 ベンチマーク

蒼天のイシュガルド

 設定 スコア

最高品質 / 1920×1080 /DirectX 11

19457 (非常に快適)

最高品質 / 2560×1440 / DirectX 11

13865 (非常に快適)

最高品質 / 3840×2160 / DirectX 11

6990 (とても快適)

新生エオルゼア

 設定 スコア

最高品質 / 1920×1080

23285 (非常に快適)

最高品質 / 2560×1440

17116 (非常に快適)

最高品質 / 3840×2160

9183 (非常に快適)

PC版ドラクエ10

ドラクエ10 GTX 1080 ベンチマーク

最高品質 4K解像度でもすごく快適【はぐれメタル級】です!

  スコア

最高品質 / 1920×1080

21092 (すごく快適)

最高品質 / 3840×2160

19398 (すごく快適)

PSO2

GTX 1080 PSO2 ベンチマーク

PSO2エピソード4 最高グラフィック設定6でも、快適な動作が見込める【5001】を大幅に上回っています!

  スコア

エピソード4 / 最高品質 /1920×1080 / 設定6

74876 (快適)

フォールアウト4

fallout4

4K解像度のウルトラでも60fps以上!2560×1440では100fps以上なので、MOD導入しまくりでも余裕!

 設定 / 解像度 最小 平均 最大

ウルトラ設定 / 1920×1080

91 fps 122.33 fps 160 fps

ウルトラ設定 / 2560×1440

76 fps 108.97 fps 144 fps

ウルトラ設定 / 3840×2160

42 fps 61.43 fps 77 fps

PC版マインクラフト

12 chunk, 32 chunkともにかなり高いfpsなので、高画質MODを入れても快適に動作します!

設定 最小 平均 最大
12 chunk 339 fps 519.20 fps 643 fps
32 chunk 109 fps 194.45 fps 388 fps

SteamVR

GTX 1080 SteamVR

平均忠実度は最高値の11!90 fps 以下のフレームは勿論一つもないため、VR酔い対策は万全です!

平均忠実度 11 / 11 (非常に高い)
テストされたフレーム 15633
90 fps 以下のフレーム 0 (0%)
CPU バウンドフレーム 0 (0%)

HTC Vive (theBlu)

theblu

HTC Vive用VRゲームの中で比較てき重いtheBluで、クラゲの大群が出ても最小88fps!

最小 平均 最大
88 fps 89.53 fps 91 fps

VR カノジョ 体験版

VR カノジョ ベンチマーク グラボ GTX 1080

VR カノジョ 体験版のベンチマークでは、最高設定のハイクオリティでも 89 fps!動作快適度も最高の星3です!

設定 スコア fps 動作快適度
ノーマル 500891 89 fps ★★★:快適(推奨)
クオリティ 500083 89 fps ★★★:快適(推奨)
ハイクオリティ 488189 89 fps ★★★:快適(推奨)

スペック

CPU インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー
(4コア/4.00GHz/TB時最大4.20GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)
CPU FAN 水冷CPUクーラー
グラフィック 【水冷GPUクーラー搭載】 GeForce® GTX 1080(8GB)
メモリ 16GB PC4-17000 (8GB×2/デュアルチャネル)
SSD 240GB Serial ATAIII
HDD 2TB SerialATAIII 7200rpm
チップセット インテル® Z170 Express
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー マルチカードリーダー
電源 700W 【80PLUS® BRONZE】
保証期間 1年間無償保証・24時間×365日電話サポート

マザーボードのチップセットがZ170 Expressなので拡張性が高いです。SATA SSDより5倍早いM.2 SSD搭載できますし、CPUのi7-6700Kをオーバークロック(OC)してさらに性能を引き出せます

なので、将来どんなハイスペック グラボが登場しても、OCすればCPUが足を引っ張ることは無いです。ただし保証外なので、保証期間後にスペックが物足りなくなった時にしましょう。

とはいえ、i7-6700KはOCしなくてもi7-6700より10%性能が高いので、スペックが物足りなくなるということは、まず無いと思いますが。

また、電源が大容量 700Wなので、これもグラボ交換時に推奨電源容量が気になりませんし、経年劣化で電源容量が減ったとしても元が大容量なので、安心して長く使えます。

まとめ

NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL は、世界上位5%のゲーミングPCをダブル水冷にした豪華なPCです。

水冷化の効果は大きく、通常のGTX 1080よりも最大30度も低いのは驚きです!ホコリ対策にもなりますし、PC寿命はかなり長くなります。

価格は通常より2.5万円ほど高くなりますが、PC寿命が伸びることで買い換え頻度が減るため、結果として安い買い物になります。

価格やスペックは、2016年10月29日現在のものなので、時期により変わる場合があり、さらに安くなってることもあります。PC購入の際は、自分好みにカスタマイズ可能ですし、ぜひ下記リンク先から実際に確認してみてください!

GTX1080とi7-6700Kのダブル水冷で30度も低い!スカイリムSE等ベンチマーク!G-Tune NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL レビュー
9.42

性能

10/10

    将来性・拡張性

    10/10

      冷却性能

      10/10

        デザイン

        8/10

          コスパ

          9/10

            良い点

            • ダブル水冷で熱とホコリ対策万全
            • GTX1080で世界上位5%
            • i7-6700KでOC可
            • メモリ16GB+SSD 240GB
            • 最新ゲーム4Kも快適

            悪い点

            • CPU・グラボ交換が空冷より面倒

            マウスコンピューター/G-Tune

            -PC 比較・レビュー
            -, , , , , , , , , ,