ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PC 比較・レビュー

ガレリアAZ レビュー!Ryzen 7 1800X 性能 ベンチマーク!GTX1080Ti搭載PC!

Ryzen 7 1800X搭載『GALLERIA(ガレリア) AZの評価・レビューです。

ガレリアAZはドスパラが販売するゲーミングPCで、AMDの高性能CPU Ryzen 7 1800Xと、ゲーム用GPU最高峰のGTX 1080 Ti 11GBを搭載!

値段は 249,980 円から。今なら 500 GB SSDが無料アップグレード中なので、ハイスペックなゲーミングPCなのにコスパに優れて安いです!

CPU Ryzen 7 1800X SSD 500 GB
GPU GTX1080Ti 11GB HDD 2 TB
メモリ 16 GB 電源 700 W

(価格やスペック、各PCゲームのベンチマーク・動作確認等は2017年9月6日現在のものであり、製品仕様・販売価格は変更となる場合があります。また、価格表記は税抜きです。)

galleria-az

Ryzen 7 1800X

ryzen-1800x

CPUはAMD最新のRyzenシリーズ。「Zen」アーキテクチャを採用しており、従来より動作クロックあたりの処理性能の大幅な向上と消費電力の改善が行われています。

特に、マルチスレッドに最適化したゲームや動画エンコードならインテル Core i7-7700Kと比較してベンチマーク結果が良いです!

GALLERIA AZ Ryzen 7 1800X

ちなみに、Ryzen 7 1800Xの純正クーラーは起動すると光るため、ハイスペなゲームPCっぽさが出ます。

ベンチマーク

ガレリア AZは、CPU以外ガレリア ZZと似たスペックです。なので、以前レビューしたCore i7-7700K+GTX 1080 Ti搭載『GALLERIA ZZ』と比較して見ると面白いかもしれません。

3DMark の評価は全世界で上位3%!

WS000006

GALLERIA AZの評価は 3DMark Fire Strikeで『20211』で全体の97%より上、つまり世界中のゲーミングPCの中で上位3%の評価です!

また、DirectX 12対応グラフィックステスト Time Spy でも『8986』で全体の94%より上の性能評価です。

さらに、VRMARK BLUE ROOMというPCVR ベンチマークでは『2993』!VR 推奨スコア『1082』の約2.8倍です!

Fire Strike 1.1 20211 97%
Time Spy 1.0 8986 94%
VRMARK ORANGE 9107 78%
VRMARK BLUE 2993 80%

FF14 紅蓮のリベレーター

WS000022

FF14 最新拡張パック紅蓮のリベレーターは、4K解像度でも最高品質で非常に快適

紅蓮のリベレーター

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 /DirectX 11 15052 (非常に快適)
最高品質 / 2560×1440 / DirectX 11 13098 (非常に快適)
最高品質 / 3840×2160 / DirectX 11 8438 (非常に快適)

蒼天のイシュガルド

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 /DirectX 11 17127 (非常に快適)

新生エオルゼア

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 19507 (非常に快適)

SteamVR

WS000011

SteamVRベンチマークは最高値の 11!90 fps 以下のフレームは勿論一つもないため、VR酔い対策は万全です!

平均忠実度 11 / 11 (非常に高い)
テストされたフレーム 20577
90 fps 以下のフレーム 0 (0%)
CPU バウンドフレーム 0 (0%)

VR カノジョ

VRKanojoDemoForVive 2017-09-05 14-50-37-54

VR カノジョ 体験版のベンチマークでは、最高設定のハイクオリティでも 89 fps動作快適度も最高の星3です!

設定 スコア fps 動作快適度
ノーマル 500914 89 fps ★★★:快適(推奨)
クオリティ 500886 89 fps ★★★:快適(推奨)
ハイクオリティ 500849 89 fps ★★★:快適(推奨)

スカイリム スペシャル・エディション

スカイリム スペシャル・エディション

Skyrim Special Edition ウルトラ画質は、WQHDで平均125fps、4Kでも平均60fps以上で快適です!

 解像度 最小 平均 最大
1920x1080 112 fps 148.14 fps 233 fps
2560×1440 103 fps 125.18 fps 170 fps
3840×2160 61 fps 67.57 fps 74 fps

フォールアウト4

fallout4

ウルトラ画質でも非常に快適です!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
1920x1080 84 fps 107.17 fps 142 fps
2560x1440 80 fps 106.97 fps 144 fps
3840x2160 55 fps 79.17 fps 98 fps

オーバーウォッチ

Overwatch

オーバーウォッチ PC版は解像度1920x1080の高画質でもゲーミングモニターを活かせます!

設定 最小fps 平均fps 最大fps
低画質 286 fps 296.27 fps 302 fps
194 fps 233.63 fps 301 fps
エピック 138 fps 154.13 fps 192 fps

マインクラフト

minecraft-1.9.2

設定 最小 平均 最大
12 chunk 237 fps 369.32 fps 592 fps
32 chunk 158 fps 229.5 fps 358 fps

ドラクエ10

WS000018

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 17644 (非常に快適)
最高品質 / 3840×2160 16483 (非常に快適)

PSO2

pso2

設定 スコア
エピソード4 / 最高品質 /1920×1080 / 設定6 42876 (快適)

ドラゴンズドグマ オンライン

Dragon 2017-09-05 13-44-48-43

設定 スコア
最高品質 / 1920×1080 8576 (非常に快適)

モンハンフロンティア

Monster Hunter Frontier Benchma 2017-09-05 13-49-15-83

設定 スコア
1920×1080 70465

HWBOT x265 Benchmark

WS000027

Ryzen 7 1800Xは8コアということで、マルチスレッド処理に最適化されていないゲームだと4コアのCore i7-7700Kよりベンチマークが若干低い傾向にありますが、ゲーム実況などで加工やアフレコをし再エンコードして動画配信する場合にはRyzen 7 1800Xの方が最適と言われています。

そこでH.265形式への動画エンコードを実行するHWBOT x265 Benchmarkも試してみました。

結果は解像度1080pで40.60 fps でした。Core i7-7700Kでは約34fps なので、比較すると6 fps以上もRyzen 7 1800Xの方が高い性能の評価です。

解像度 フレームレート
1080p 40.60 fps
4K 9.77 fps

静音性

ガレリアAZの静音性を計測しました。室内は 31.9 dBAです。

Ryzen 7 1800XとGTX 1080 Tiというハイスペックなパーツを搭載してる割に静かな方で、i7-7700K+GTX 1080 TiのガレリアZZより3.8~7.9 dBAも低いです。

PCからの距離 低負荷時 高負荷時
50 cm 33.2 dBA 38.1 dBA
70 cm 32.8 dBA 36.8 dBA

ガレリアAZ ケース

GALLERIA AZは、KTケースというガレリア専用PCケースを採用しています。

front

このケースは、Ryzen 7 1700搭載のガレリアATi7-7700KとGTX 1080 Ti搭載のガレリアZZと同じケースですが、一般的なケースと違い、CPU側にも吸気口を備えてマザーボードを裏側から冷やしています。Ryzen 7 1800XのようなハイスペックなCPUに打って付けですね。

back

前面や背面は接続端子類が充実していて使いやすく、拡張性も高いです。

airflow

ケースの側面や天面、底面には通気孔があります。エアフローはケース内を対角線に結ぶようにしてあり、熱だまりの発生を防ぎ、冷却性を高めています。

スペックとおすすめカスタマイズ

CPU AMD Ryzen 7 1800X (8コア16スレッド/3.60GHz/最大4.00GHz/L3キャッシュ16MB)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
メモリ 16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
SSD 《無料アップグレード中》500GB SSD
HDD 【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
チップセット AMD B350 チップセット ATXマザーボード
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
カードリーダー SDカードリーダー
電源 AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)
保証期間 1年間 持込修理保証

構成はガレリアZZと比較して似ています。

電源は大容量 700Wの80PLUS BRONZE。GTX 1080 Tiの推奨 600W に比較して、100Wも余裕があります。今後、経年劣化で電源容量が多少減っても大容量なので、安心して長く使えます。

また、メモリ、SSD、HDDともに大容量なので、MODを大量導入する時にも役立ちます。CPUやグラボ以外も性能が良いゲーミングPCです!

おすすめカスタマイズですが、カスタマイズする必要がないハイスペックな構成となっているので、変更せずそのまま購入で良いでしょう。

まとめ

GALLERIA AZは、最新のRyzen 7 1800XGTX 1080 Ti 11GBを搭載したPCで、最新PCゲームからVRまで快適に動作しました。

特に、ゲーム実況等でエンコードして動画配信する方は、i7-7700Kと比較してもRyzen 7 1800Xの方が短時間で処理できるのでおすすめです。

価格は 249,980 円からですが、今なら 500 GB SSDが無料アップグレード中!Ryzen 7 1800X+GTX 1080 11GB搭載PCとして、他と比較しても安いお値段となっています!

レビュー内容は、2017年9月6日現在のものなので変わる場合がありますが、ドスパラは頻繁に無料キャンペーンがあるため、さらに安くなってることも!ぜひ下記リンク先から実際に確認してみてください!

GALLERIA AZ 249,980
ガレリアAZ レビュー!Ryzen 7 1800X 性能 ベンチマーク!GTX1080Ti搭載PC!
10.36

性能

11/10

    将来性・拡張性

    12/10

      MOD対応

      12/10

        デザイン

        8/10

          コスパ

          9/10

            良い点

            • Ryzen 7 1800Xでゲーム実況の動画エンコードに最適
            • GTX1080Tiで世界上位3%の評価
            • SSD 500GBに無料アップグレード!
            • 最新ゲームが4Kでもヌルヌル快適
            • PC VR対応で非常に快適

            悪い点

            • ゲーム実況しない場合はi7-7700Kの方が今は安い

            ↑の「詳細はコチラ!」をクリック!無い場合は↓をからどうぞ!

            -PC 比較・レビュー
            -, , , , , , , , , , , , , , ,