ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PCゲーム

スカイリム スペシャル エディション PC スペックとSkyrim Special Edition 推奨PCのおすすめ

2017/07/04

スカイリム スペシャル エディションの違いからPC 推奨スペックやグラボ ベンチマーク、MOD導入して高設定でも快適なスペック、おすすめ Skyrim Special Edition 推奨PCまで紹介します。また、スカイリム VR スペックについても解説します。

スペック向上!違いは画質が大幅アップし大規模MODに対応

スカイリム スペシャル エディション(スカイリム SE)は以下のような違いがあり、特に画質改善と、大型MODサポートが大きいです。その代わり、ハイスペックPCが必要となり、低スペックでは動きそうにないですね。

  • 高解像度4Kに完全対応したテクスチャー
  • ゴッドレイ効果(ボリューメトリックな光の筋)
  • ダイナミック・デプス・オブ・フィールド(焦点付近以外をぼかす視覚効果)
  • 4GB以上の大型MODの作成や導入が可能な上、より安定してMODが使用できる

他に特筆すべき点として、Fallout 4(フォールアウト4,FO4)でも実装されたゴッドレイがあります。これは非常に高いスペックを必要とし、この設定を下げるだけでも、フレームレート(fps値)があがります。

以下は、スペシャル・エディションと、通常のスカイリムにRealVision ENB Modを導入したものと画質を比較した動画で、PCスペックは以下です。

CPU Core i7-4790K
GPU GTX 980 Ti

スペシャル・エディションでは、ゴッドレイによる光の表現もさることながら、水面や吹雪・霧も自然な動きになっています。

スカイリム スペシャル エディション PC スペック

スカイリム スペシャル・エディションのスペックが、推奨スペック、必要スペックともに公開されました。

推奨スペックでは、2015年12月に発売された、同じ開発元で同じオープンワールドRPGであるフォールアウト4のスペックと同様のグラボ・GPUが必要となります。

メモリは必要スペックでも8GBですが、CPUはFO4よりも低スペックとなっていて、推奨スペックでもCore i5 2400です。

ただし、このスペックはスカイリム スペシャル・エディション製品版本体のみで動作する場合のスペックです。

MODを導入して快適にプレイするには推奨スペックよりもハイスペックなPCが必要になるため、MOD導入する場合のPCスペックの1例を併記しておきます。なお、このMOD有りスペックはVR推奨スペック以上でもあります。

  必要動作環境 推奨動作環境 MOD有り
CPU

Core i5-750

または Phenom II X4 945 

Core i5 2400

または FX-8320

Core i7 7700以上
メモリ 8GB 16GB
GPU

GTX 470 1GB

または HD 7870 2GB

GTX 780 3GB

または AMD R9 290 4GB

GTX 1060 以上
HDD 12 GB以上の空き容量
 200 GB以上のSSD推奨

ちなみに、スカイリム VRの発売日は2017年11月でPSVRが先行して発売されますが、後にPC VR版もSteamで販売される予定です。おそらくViveで動作すると思われます。

必要スペック

CPU

Core i5-750 または Phenom II X4 945

メモリ 8GB
GPU

NVIDIA GTX 470 1GB または AMD HD 7870 2GB

必要スペックのグラボは、今だとGT 730が似たような感じです。ただ、最低動作環境とは、描画設定を全部最低にして何とか動作するだけの場合が多いので、できるだけ必要スペック以上にしたほうが良いです。なので、GTX 750 Tiや、ノートPCならGTX 960Mなど安い割にそこそこなのでおすすめです。

推奨スペック

CPU

Core i5 2400 または FX-8320

メモリ 8GB
GPU

NVIDIA GTX 780 3GB または AMD R9 290 4GB

スカイリム スペシャル・エディション推奨スペック(バニラ=MOD無し)のグラボは、フォールアウト4と同じGTX 780です。

MODとは

「Modification」の略で、主にユーザーによって非公式に作成されたゲームを拡張、改造するファイルのことです。また、その他今作ではユーザーではなく、開発メーカー自ら供給する有料MODが存在します。詳細は公式サイト等でご確認ください。

スカイリムはMODであらゆることを追加・変更できます。MODは次々作成されており、発売から何年たってもプレイされている理由の一つです。

MOD&最高画質の推奨スペック

CPU Core i7 7700以上
メモリ 16GB
GPU GTX 1060 以上
ストレージ 200 GB以上のSSD推奨

スカイリム スペシャル・エディション PC版は、推奨スペックの時点でハイスペックな感じではありますが、MOD導入するとグラフィック強化やアイテムやシステム追加などを行うことになるので、さらに推奨スペック以上のハイスペックPCが必要です。

スカイリム スペシャル・エディションにMODを導入する場合に、優先するべきPCパーツから、順を追って説明していきます。

グラボ・GPU

スカイリム含め、PCゲームで再優先はグラボ・GPUです。

MOD導入する場合のグラボは、今なら推奨スペックであるGTX 780を超えGTX 980に比肩する性能を持つGTX 1060 6GBが最低限です。また、GTX 1060以上ならVR推奨スペックも満たします

なお、GTX 1060はVRAMが3GBのグラボもあります。FHDなら安いのでおすすめですが、画質改善系MODを多量に導入するなら無難に6GBが良いです。

それ以上のGTX 1070やGTX 1080にするかどうかは、グラフィックにどれだけコダワリたいか、高画質MODを入れたいか、に依ります。WQHD(2560x1440)だとGTX 1060でも平均60fpsに届かないので、GTX 1070が必要になります。さらに4K解像度はGTX 1080 Ti以上じゃないとカクカクします。

また、導入するMODの種類や数、ゲームの状況でもフレームレートに違いが出ます。高負荷時ではGTX 1060だとカクつく場合もありえるので、どんな場面でも常時60fpsにしたいならGTX 1070、高画質MODのENB導入するならGTX 1080以上がオススメです。

VRAM(ビデオメモリ)

ビデオメモリは、ウルトラ設定で、FHDが2.2 GB、WQHDが2.8GB、4Kは3.4GB程度使用します。

グラボ・GPUの詳細

グラボ ベンチマーク

スカイリムSEのグラフィック設定ウルトラで実際に試したところ、GTX 1060 6GBとi7-7700のPCスペックで平均80fps以上、GTX 1080 + i7-7700Kだと平均144 fps以上もでました。

PCスペック FHD WQHD 4K
GTX 1060 6GB+i7-7700 81.82fps 57.53 fps 31.12 fps
GTX 1070 8GB+i7-7700 114.21 fps 79.97 fps 43.87 fps
GTX 1080 8GB+i7-7700K 149.45 fps 95.80 fps 50.98 fps
GTX 1080 8GB(水冷)+i7-6700K(水冷) 165.31 fps 97.17 fps 51.73 fps
GTX 1080 Ti 11GB+i7-7700K 202.44 fps 140.93 fps 70.02 fps
TITAN X 12GB+i7-7700K 196.10 fps 150.90 fps 70.73 fps

Skyrim SEはSLI非対応なので、4Kで平均60fps以上のグラボは GTX 1080 TiとNVIDIA Titan X くらいです。

参考:Skyrim SEの60fps制限解除方法

以下は、スカイリムSE グラボ 最新ベンチマーク 画像です。

上記はCPUだけで10万円するCore i7 5960Xのベンチマークですが、コスパ最強のi7-6700やi7-6700Kの方が平均5~15 fpsくらい上がります。

参考:Skyrim SE(スカイリム スペシャル・エディション) ベンチマーク!60fps以上のグラボとPC

Skyrim VR スペック(グラボ)について

スカイリム VRで推奨されると思われるHTC Viveの解像度は両目2160×1200でFHD(1920x1080)よりも高解像度であり、フレームレートは90 fps維持しないと酔いやすくなります。

ベンチマークでは、GTX 1060 6GBだとFHDでも82fps程度なのでスペック不足ですが、E3に出展されていたVR版はスカイリムSEをベースに画質を落としているらしいです。

なので、GTX 1060 6GBでもスカイリムVRが90fpsで動くと予想していますが、GTX 1070以上が推奨スペックになる可能性はあります

CPU

CPUの性能が低いと、ハイスペックグラボを積んでも足を引っ張ります。

例えば、CPUが第3世代(i7-3770等)以下だと、GTX 980やGTX 1070以上のグラボに交換してもGTX 970程度のスペックしか引き出せません。

スカイリム スペシャル・エディションはCPUスペックがそこまで必要とされてませんが、できれば推奨スペックのCore i5 2400よりもi5-7500以上、特にCore i7-7700や、さらに1割性能が高いCore i7 7700Kがおすすめです。

FO4は6コア12スレッドに対応していましたが、スカイリムスペシャル・エディションでは8スレッドまで対応です。

なので、性能が良いi7-6800K等のCPUより、安い7i7-7700Kの方が快適になります。

CPUの詳細

SSD

SkyrimのようにMOD導入できるゲームは、HDDよりも早いSSDにインストールするメリットが高いです。

多数のMODを導入したり、長時間プレイでセーブデータ容量が大きくなると、読み込みが遅くなりますが、SSDにスカイリムとMOD、セーブデータをインストールすると、ローディングが非常に速くなるからです。

メモリ

メモリは推奨スペックの8GBでもMODは動くでしょうが、MODを入れまくるなら16GB欲しいところです。ただし、多すぎると問題が起きる場合があるため、最大でも32GBまでにしたほうが良いです。

スカイリム スペシャル エディション推奨PC

推奨スペック&MOD有りPC!FHDで82fps!

 GALLERIA XT
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-7700
GPUNVIDIA GeForce GTX1060 6GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD《無料アップグレード中》SSD 500GB
HDD2TB HDD
電源500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
価格:144,980
コメント
VRに対応できるスペックでコスパが良いGTX 1060と最新の第七世代CPU i7-7700を搭載したPCです!さらにSSD 500GBが無料!人気2位です!実際に動作確認したレビューはこちら!

推奨スペック&MOD入れまくりPC!WQHDで95fps!

 GALLERIA XF
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPU《無料アップグレード中》インテル Core i7-7700K
GPUNVIDIA GeForce GTX1070 8GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD《無料アップグレード中》500GB SSD
HDD2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
電源500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
価格:167,980
コメント
トップクラス速度のGTX 980 Tiと同速度以上の最新GPU GTX 1070を登載し、メモリ8GB、さらにi7-7700Kと500GB SSDに無料アップグレードは安い!人気1位です!実際に動かしてみたレビューはこちら!

MOD大量導入も!4K解像度&ウルトラ設定でも70fps!

 GALLERIA ZZ
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-7700K
GPU NVIDIA GeForce GTX1080 Ti 11GB
メモリ16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)
SSD500GB SSD
HDD《無料アップグレード中》3TB HDD
電源Enhance 800W 電源 (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)
その他SDカードリーダー搭載
価格:226,980
コメント
TITAN Xを超え世界トップクラス速度のGTX 1080 Tiを搭載したハイスペックPCです!CPUもi7-7700のK付き、電源も大容量800W!最新ゲーが4KからVRまで完璧なグラフィックでも快適!非の打ち所がない最強ゲーミングPCです!今なら3TB HDDに無料アップグレード!実際に動作確認したレビューはこちら!

上記以外のPCも見たい方は、価格、グラフィック設定別に様々なおすすめPCを書いたので、コチラを御覧ください!

skyrim_banner

-PCゲーム
-, , , , , , , , , , ,