ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

PCゲーム

Quake Champions PC スペックとおすすめPC

2016/09/07

FPSというゲームジャンルを作り出したQuakeシリーズ11年ぶりの最新作、Quake Champions。PC版のみの発売となり、120fps以上でe-Sportsを強く意識し、VRにも対応しています。そんなQuake Championsのスペックから、おすすめPCまで解説します。

Quake Championsのスペック

quake champions

Quake Championsは発売日の1ヶ月前、オープンベータテストのあたりにはスペックが発表されると思います。発売日は2016年8月に発表される可能性が高いです。

ということで、Quake Championsのスペックはまだ公開されていませんが、以下の情報から予想はできます。

  • フレームレート(fps値)は120fpsで上限無し
  • 30fps~60fpsであるPS4等のコンシューマ機では出ない
  • VRにも対応
  必要スペック 推奨スペック
CPU Intel Core i3 以上 Intel Core i5-4590 以上
GPU NVIDIA GeForce GTX 660 2GB GTX 970 4GB, GTX 1060 6GB 以上
メモリ 8GB 8GB 以上
OS Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 各64bit版
ストレージ 30 GB 以上のHDD/SSD空き容量

必要スペック

PS4のGPUはRadeon HD7850相当なので、それより上のGTX 660以上が必要スペックだと思います。ただ、必要スペックはとりあえず動くというスペックの場合が多いため、120 fpsは出ないでしょう。

推奨スペック

推奨スペックは、VRに対応する点から、HTC Viveやオキュラスリフトの推奨スペック以上なのは確定です。

なので、グラボ・GPUはGTX 970以上ですが、中~高設定で安定したfps(150 fps以上)にはGTX 1060と予想します。

ただ、e-sportを考えると、VRで撃ちあうようなことは、おまけ程度で、VR対応はスペクター(観戦)モードが主になると思います。

そうなると、FPSゲーム自体はGTX 960あれば低設定で120fps出る可能性はあります。

グラボ・GPUの詳細

 

-PCゲーム
-, ,