ゲーム推奨PCサイト ゲーミングPCをおすすめ!

ゲーム最新のPC スペックとおすすめパソコンを安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

HTC Vive

Vive Pro スペック

HTC Vive Pro スペックについて。推奨スペックからViveとProの違い、快適に動くおすすめPCまで解説します。

Vive Pro スペック

VIVE Pro I プロ仕様のVRヘッドセット - https___www.vive.com_jp_product_vive-pro_

HTC Vive Pro HMDが動く推奨PCスペックは以下です。

グラボ / GPU NVIDIA GeForce GTX 1060 もしくは AMD Radeon RX 480 以上
CPU Intel Core i5-4590 または AMD FX 8350 以上
メモリ 4 GB以上
映像出力 DisplayPort 1.2以上
USBポート USB 3.0以降 1ポート
OS Windows 8.1以降、Windows 10

Vive Pro HMD自体の性能は向上していますが、必要とするPCのスペックは2016年Viveとそこまで大きく変わっていません

ViveとProと違いとして、映像出力の HDMI 削除や USB 3.0以降がありますが、対応スペックのゲーミングPCなら気にする必要は無いでしょう。

また、スペックに記載されてませんが、Vive Proは Windows 7 でも動くようです。

Vive Pro グラボ おすすめはGTX1070

グラボ/GPU が GTX 1060、RX 480 と表記されてますが、日本の公式サイトの推奨グラフィックカード一覧によると前作Vive推奨グラボである GTX 970 と R9 290も記載されているので、Vive を持っている方はそのまま動くでしょう。

※2018年6月13日追記:GPUが 「GTX 970 または R9 290」 に変更されましたがそれらのグラボは販売終了してます。今買えるのはやはりGTX 1060等になります。

vive pro グラボ

しかし、海外の公式サイトではVive Pro 推奨スペックはGTX 1070 や Quadro P5000, Vega 56 以上となっています。GTX 1060 や GTX 970などは最小スペックのようです。※

VIVE Pro I The professional-grade VR headset - https___www.vive.com_us_vive-pro-vr_

2018年4月21日時点で、どちらが正しいかはわかりませんが、今からVive Pro用にPCを買い換えるなら、グラボは  GTX 1070 以上が無難だと思います。

※2018年6月13日現在、海外の公式サイトでも 日本と殆ど同じスペック に変更されています。ただ、「最高の経験はGTX 1070以上(意訳)」という文言は変わっていません。

関連:グラボ・GPUの詳細

メモリは8GB以上がおすすめ

Vive Pro 推奨スペックは4GB以上ですが、VRゲームやアプリによっては推奨スペックを8GB以上としているのもあります。

なので、4GBではなく8GB以上がおすすめ。

特に、流行りのVRChat、ゲーム実況や配信、バーチャルユーチューバー (VTuber) もしたいなら、メモリは16~32 GB有る方が配信ソフトやチャット、動画編集アプリが安定するでしょう。

Virtual Cast

基本的に、ゲーミングPCは購入する際にメモリ追加できるので、予算があるなら強く推奨します。

ViveとProの違い

  Vive Pro Vive
映像出力 DisplayPort 1.2以上 HDMI 1.4、DisplayPort 1.2以上
USBポート USB 3.0以降 1ポート USB 2.0以降 1ポート
OS Windows 8.1以降、 10 Windows 7 SP1, 8.1以降、10
ディスプレイ 対角3.5インチ
有機EL×2枚
対角3.6インチ
有機EL×2枚
片目あたり解像度 1,440×1,600 1,080×1,200
コントローラー、ベースステーション 非同梱(アップグレードキット) 同梱(コンシューマエディション)
価格(税抜き) 94,000円(アップグレードキット) 64,250円(コンシューマエディション)

Vive ProとViveの違いとして大きなものは「解像度」です。

ピクセル密度37%増、ピクセル数では78%も増加し、映像や文字がより鮮明に見えるので没入感がより向上しています。

他には、前作HTC Vive では別売りだったデラックスオーディオストラップをベースにデザインされているため、音質と装着感が改善されています。

vive-pro_pdp-11_angle04

また、Vive Proは発売予定の新型ベースステーション(ベースステーション2.0)や「Viveワイヤレスアダプター」にも対応しています。

今までのViveはケーブルが気になって没入感が削がれるデメリットがありましたが、「Viveワイヤレスアダプター」による無線化はこのデメリットを改善しVR空間に居るという感覚をより強くするでしょう。

性能が向上した代わりにVive Pro HMDアップグレードキットには、Viveコントローラーやベースステーションがセットではないです。前作のHTC ViveはセットだったのでViveを持っている方は9万円のProを買うだけで済みます。

Viveコントローラーやベースステーションは別売りも存在するので、Vive Pro新規購入の方はそちらも買うと良いでしょう(セット商品もいずれは発売されるらしいです)。


VIVE Pro の購入・詳細ページ

Vive Pro PCのおすすめ

 GALLERIA XV
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-8700
GPUNVIDIA GeForce GTX1070Ti 8GB
メモリ8GB
SSD640GB SSD《無料アップグレード中》
HDD2TB HDD
電源DELTA 500W 静音電源
その他人気ゲームPCランキング1位
価格:164,980
コメント
最新の6コア12スレッドCPU i7-8700と、GTX 1070 Ti、さらに大容量 640 GB SSDも搭載した一番人気のゲームPCです!重いと有名なPUBGでも高画質で最大144fps!ヌルヌル快適!実際に動かしたレビューはこちら!
 G-GEAR mini『バーチャルキャスト(β)』推奨モデル
販売元 G-GEAR(ツクモ)
CPU Intel Core i5-8400
GPUNVIDIA GeForce GTX 1060 / 6GB
メモリ16GB (8GB x2枚)
SSD500GB (SATA 6Gbps)
電源HEC製 HEC-500TD-5WX 黒塗装
その他『バーチャルキャスト(β)』動作推奨モデル
価格:145,584
コメント
VTuber配信ツール『バーチャルキャスト(β)』推奨PCです!i5-8400とGTX 1060 6GB、メモリ16GBも搭載し、PCゲームも勿論可能です!ミニケースを採用し通常のタワー型PCより場所を取らず設置可能!VIVE とG-GEARのお買い得セットもあるので、詳細を御覧ください!

上記以外のVive推奨スペック以上のPCを見たいという方は、値段別にまとめたので下記のリンクからどうぞ!

【10万円~】GTX 1060搭載

【15万円~】GTX 1070搭載

【20万円~】GTX 1080 (Ti) 搭載PCで最高画質でもヌルヌル!

また、Vive推奨PCのおすすめリストをまとめたので、こちらも参考にどうぞ!

htc-vive-pc

-HTC Vive
-, , , , , , , , , ,