ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

HTC Vive推奨PCの選び方

ついに最新VR(SteamVR)が体験できるHTC Viveが発売されました!ここでは、HTC Viveが動くPC スペックからおすすめのHTC Vive推奨PCまで解説していきます。

HTC Viveのスペック

HTC Viveが動く推奨PCスペックは以下です。

CPU Intel Core i5-4590またはAMD FX 8350以上
GPU NVIDIA GeForce GTX 970またはAMD Radeon R9 290以上
メモリ 4 GB以上
映像出力 HDMI 1.4、DisplayPort 1.2以上
USBポート USB 2.0以上 1ポート
OS Windows 7 SP1, Windows 8.1以降、Windows 10

ちなみに、この推奨スペックは、メモリ以外Oculus Riftとほぼ同等です。

また、これはHTC Vive本体の推奨スペックなので、VRゲームによっては推奨スペック以上の場合があります。

なお、必要スペックは公開されていませんので、推奨スペック未満でも動くことはあります。ただし、スペックが低いとカクカクしてVR酔いしたり、画質が汚かったりします。

PCスペックが低いとVR酔いする

仮想現実

VRはフレームレートが低いと酔いやすくなります。具体的には片目解像度1080×1200で 90 fps維持が必要です。これが、推奨スペックGPUにGTX 970以上のゲーミングPCが必要な理由です。

実際にドスパラに聞いたところ、できるなら一段階上のGTX 980以上がおすすめとのこと。ただ、GTX 980は1世代前のGPUなので、今ならそれに比肩する最新世代のGTX 1060以上がおすすめです。

PCが低スペックだと解像度が低い

HTC Vive対応ゲームの多くは、SSAAという描画解像度の変更が自動行われます。

そのため、推奨スペックぎりぎりでは画質が汚かったり、最新のGTX 1080では4K解像度並に綺麗になったりします。

特に、後からVR対応したPCゲームはVRに最適化されていないため、画質を良くするには推奨スペック以上が必要となることがあります。

HTC Viveとオキュラスリフトとの違い

スペック自体はオキュラスリフトと殆ど違いはありません。

大きな違いは、オキュラスリフトと違ってHTC Viveは国内の店頭販売が行われてるため、いざとなった時に店に駆け込める安心感があります。

もう一つは、HTC Viveはルームスケール(仮想現実を足で歩ける機能)を簡単にセットアップできることです。オキュラスリフトもアップデートでルームスケールに対応しましたが、同梱のセンサー一つだけでは足りませんし、センサーとPCが無線接続のHTC Viveと違ってUSB接続なのも面倒です。

さらに専用コントローラー(Oculus Touch)が同梱していないOculus Riftと違って、HTC Viveは専用コントローラーが同梱しています。

これらの点から、PC用VRはHTC Viveほぼ一択となっているため、おすすめです。

HTC Viveの解像度など

vive-back

HTC Viveの解像度は両目2160×1200、片目だと1080×1200、リフレッシュレートは最大90Hz、視野角110度、フレネルレンズを採用しています。

PSVRと違って片目ずつなので、画質はPSVRより綺麗です。今年発売されるVRの中では、オキュラスリフトと並んでトップクラスの性能なので、ハイスペックなPCが必要なのです。

HTC Vive推奨スペックのPCパーツ解説

スペック表にあるパーツについて説明します。

CPUはi7-6700以上がおすすめ

CPUの推奨スペックは i5-4590です。GTX 980やGTX 1060以下の場合は、Core i5でも良いですが、GTX 1070以上の場合はCore i7-6700以上 にしましょう。

できれば、i7-6700より10%性能が良いCore i7-6700Kにすると、数年後にグラボだけ交換したくなった時でも足を引っ張らないです。

CPUとは?

GPUはGTX 1060以上がおすすめ

nvidia-vr-funhouse

GPUの推奨スペックはGTX970ですが、先に説明したとおり、VR酔い防止の為にGTX 1060以上をおすすめします。

ただ、既にGTX 970をお使いの場合は違いが大きいGTX 1070以上、特にGTX 1080を目指したほうが良いと思います。

VRゲームによってはVive推奨スペックよりも上のGPUが推奨スペックに

先程も説明しましたが、推奨スペックは、HTC Vive本体の推奨スペックなので、VRゲームによっては推奨スペック以上の場合があります。例えば、スターウォーズのVRゲームである Trials on Tatooine は、推奨スペックで NVIDIA GTX TITAN X  を推奨しています。

ちなみに、NVIDIAが公開したVRゲーム(Funhouse)の画質設定だと、LOW(低)はGTX 1060、MEDIUM(中)はGTX 1080、HIGH(高)はGTX 1080 x2 となっているので、予算があるならGTX 1080以上が良いと思います。なお、GTX 1070は自動でMEDIUMになりました。

さらに言うと、同じGPUでもグラボによって性能が異なります。特に、アダルトゲームのVR カノジョ で最高画質(ハイクオリティ)で快適を求めるなら、通常よりオーバークロックされたGTX 1080が必要となります。

GTX 1080の詳細

グラボ・GPUとは?VR カノジョのスペックとベンチマーク!グラボとPCのおすすめ!

メモリは8GB以上

推奨スペックは4GB以上ですが8GB以上がおすすめ。8GBにするとOculusにも対応できますし、大抵のPCゲームもできます。

MODを導入したり、実況したり、画像編集や開発なども行うなら16GB以上ですが、メモリは多すぎても問題が起こる場合があるので32GBまでにしたほうが良いです。

その他

推奨スペック以上のPCは、映像出力、USBポート関係は普通に備えているので、気にしなくて良いです。

他には、OSをSSDにインストールすると、数年後も新品同様の起動速度になるのでおすすめ。容量は最低100GB以上、おすすめは400GB以上です。

HTC Vive 推奨PC とおすすめゲーミングPC 

HTC Vive 推奨PCが各社から販売されているので紹介します。また、対応スペック以上のPCもピックアップしたので参考にどうぞ!

デスクトップ


ico_grade6_4高画質+VR酔い対策

GTX 1060よりも画質が綺麗!ハイスペックが欲しいが価格を少しでも抑えたい方は、GTX 980 Tiを超える性能のGTX 1070登載PCがおすすめ!

VR(HTC Vive, Oculus Rift)推奨PC GALLERIA HTC VIVE VR READY 推奨モデル XF
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-6700
GPUNVIDIA GeForce GTX1070 8GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM
SSD[無料プレゼント中]Crucial SSD 480GB BX200シリーズ
HDD2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
電源500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
その他HTC VIVE VR READY 推奨PC
価格:156,980
コメント
トップクラスGPUであるGTX980Ti以上の速度を持つ最新GPU GTX 1070を登載!何と今ならSSD 480GBが無料!さらにVive同時購入だと3万ポイントバックなのでコスパ最高です!


ico_grade6_54K画質+VR酔い対策

数年後も快適!MODを入れまくりたい、最新PCゲームを4K解像度で楽しみたい方にはGTX 1080登載PCがおすすめ!

VR(HTC Vive, Oculus Rift)推奨PC GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル XG
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPU[無料アップグレード中]インテル Core i7-6700K + 静音パックまんぞくコース(静音・高冷却FANセット)
GPUNVIDIA GeForce GTX1080 8GB
メモリ8GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx2/デュアルチャネル)
SSD[SSD増量中]525GB SSD
HDD[SATA3] 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
電源AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)
その他HTC VIVE VR READY 推奨PC
価格:196,980
コメント
シングルGPUトップクラスのGTX1080 8GBを登載したハイスペックゲームPCです!何と今ならインテル Core i7-6700K、静音・高冷却FAN、SSD 525GBに無料アップグレードなのでコスパ最強です!ぜひ詳細を確認してください!実際に動かしてみたレビューはこちら!


ノートPC

ico_grade6_3デスクトップ用GTX 1060登載ノートPC

デスクトップ用GTX 1060と同性能のGPUを登載したノートPCなので、VR酔い対策も万全です!

 GALLERIA QSF1060HE
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-6700HQ
GPUGeForce GTX1060 6GB
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
SSD250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
HDD1TB (5400rpm)
モニタ17.3インチ液晶(1920×1080)
その他ゲーミングノートPC
価格:169,980
コメント
デスクトップ用GTX 1060と同性能のGPUを登載したハイスペックなノートPCです!最新PCゲームからVRまでカバー!さらにSSDがSATAより速いM.2 SSD!

ico_grade6_4デスクトップ用GTX 1070登載ノートPC

GTX 1060よりも高性能なGTX 1070を登載したモンスターノートPCです!

VR(HTC Vive, Oculus Rift)推奨PC GALLERIA Vive VR READY 推奨モデル QSF1070HGS
メーカー サードウェーブデジノス
販売元 ドスパラ
CPUインテル Core i7-6700HQ
GPUGeForce GTX1070 8GB
メモリ16GB DDR4 SO-DIMM
SSD[無料アップグレード中][従来比最大5倍高速] 256GB SSD
HDD1TB (5400rpm)
モニタ17.3インチ液晶(1920×1080)
その他Vive VR 推奨ノートPC
価格:249,980
コメント
デスクトップ用GTX 1070と同性能のGPUを登載したモンスターノートPCです!最新PCゲームからVRまで推奨スペックをカバー!さらに今ならSSDがSATAより速いM.2 SSDに無料アップグレード!


HTC Vive 推奨PCの比較・検索

上記以外のPCも見たいという方は、HTC Vive対応スペックのパソコンを検索できるシステムがあるのでご利用ください。

グラフィック設定や価格から、比較できます。無料で利用できるので、まずは下記のリンクからどうぞ!

【11万円~】GTX 1060搭載

【14万円~】GTX 1070搭載

【19万円~】GTX 1080搭載PCで最高画質でもヌルヌル!

検索が面倒な方は、こちらにVive推奨PCのおすすめ一覧をまとめたので参考にどうぞ!

 

HTC Vive 本体の購入

HTC Viveの価格は99,800円です。ちなみに、発売日は2016年6月1日で、7月7日には店頭販売も開始されました。

店頭販売・通販は、ドスパラやパソコン工房などです。発売日直後1ヶ月ほどは大人気で売り切れ状態でしたが、現在は在庫が潤沢にあります。

HTC Viveのお得な購入方法

現在、ドスパラでは、HTC Vive単体購入でVRゲームソフト3本(約1万円分)が無料ダウンロードできるクーポンが貰えるのでお得です!

また、値段が高いと思う方は、12回までのJaccsローン分割金利手数料が無料キャンペーン中なので、月々900円以下でお安く買えちゃいます!


価格:99,800円
ドスパラ

下はTilt Brush(クーポンで貰えるVRゲームの一つ)の動画です。

htc-vive-pc

2016/11/21


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − thirteen =