ゲーム推奨PCサイト ゲーミングPCをおすすめ!

ゲーム最新のPC スペックとおすすめパソコンを安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

ゲームPCの選び方・豆知識

PCが届いたらホコリ対策にフィルターを!パソコン掃除の方法とグッズ

ゲーミングPCを買ったら、すぐホコリ対策したほうが良いです。グラボ等で熱が溜まりやすいので、PC掃除もホコリ対策もしない場合は、大体4~5年で熱暴走などを起こして故障することが多いので注意が必要です。そこで、ホコリ対策や掃除グッズ等を紹介します。

PC ホコリ対策にカバーやフィルターを

PCには通気口や各種コネクタ類があり、そこからホコリが入りやすいので、以下のようなフィルターやカバーでホコリ対策をするのがおすすめ。

ほこりフィルターの貼る場所

防塵フィルター付きのPC ケースもありますが、フィルターが付いていない場合は、自分で通気口にフィルターを貼ってホコリ防止ができます。

フィルターを貼る位置は吸気口が良いです。基本的に空気を吸い込むところからホコリが入り込むからです。

どこが吸気口なのかは、説明書やメーカーの商品ページにある写真や画像に、大抵エアフローも掲載されます。大抵のデスクトップは前面と側面が多いですが、底面にも吸気口があることがあります。

背面は排気口が多く、その場合は貼らなくても良いでしょう。

galleria-xg

ただ、天面(上面)に通気口がある場合は排気口でもフィルターを貼るのが良いです。上面ファンが回っていない時にホコリが入ってくるからです。

通気口は殆どの場合にメッシュ状になっているので、見ただけですぐわかると思います。

フィルターはPC用も売っていますが、私は以下の換気扇用フィルターで代用しています。

東洋アルミ パッと貼るだけ! ホコリとりフィルター 換気扇用 約30cm×30cm 6枚入

パソコンほこり対策カバー

USBや音声入出力、HDMI、DVI端子などコネクタ類は、専用のカバーを付けるとホコリ防止になります。

カバー無しだと、ホコリがPC内部に入るだけでなく、数年後にコネクタ類が使えなくなることもあり得ます。

使わないコネクタにセロハンテープを貼ってしまうという手もありますが、いざ使おうとした時にベタついて使いづらくなることがあるので注意しましょう。

アイネックス コネクタカバー セット DC-101A

PC掃除方法

上記のホコリ対策をした場合、パソコンの掃除は2年に1回程度で充分になると思います。

PC掃除をする時は、静電防止リストバンドや静電気対策用手袋を使った方が良いです。静電気対策をしないと逆にPCの寿命が縮んでしまうことがあるからです。

これらの静電気対策グッズは、グラボ等のパーツ交換でも使用できるので、1つは持っておくのがおすすめです。

TRUSCO 静電気対策用手袋L(指先ウレタンコート)

PCは電源をオフにしても、放電されていないことがあるので、電源オフ後すぐにPCケースを開けない方が良いです。

PC電源オフ後はケース背面の電源スイッチもオフにし、コンセントやPCからケーブル等をすべて抜きます。その状態で 90秒くらい待てば大抵は放電されます。5~6回電源スイッチのオンオフを繰り返すことでも放電できるので、これも一応やるのがおすすめです。

Gas_Duster_blowing_in_PC

パソコン内部の、特にマザーボードやグラフィックボードのホコリはなるべく直接触れずにエアダスターやダストブロワー等で外に出しましょう。

エアダスターの噴出口を近づけすぎると凍りついてしまうことがあるので、対象から離して空気だけを当てるように使ってください。

なお、機械ではないケースの部分は、ウェットティッシュで拭いても良いです。

エレコム エアダスター ECO 逆さ使用OK ノンフロンタイプ 3本セット AD-ECOMT

2019おすすめゲーミングPCランキング!

増税前が安くゲーミングPCを買える最後のチャンス!

2019年おすすめのゲーミングPCについて、人気の売れ筋ランキングや、いつ買い替え時期になるか、構成スペックや寿命なども解説をしているので、以下のページをご覧ください。

ゲーミングPCおすすめ2019!

ゲーミングPCの比較・検索

当サイトではゲーミングPCを検索できるシステムがあります。

価格や、各PCゲームで快適にプレイできる画質(グラフィック)設定、メーカー等から、検索・比較ができます。もちろん無料です!

まずは最新PCゲームが快適に遊べる画質設定から分けたので、下記のリンクからどうぞ!

【8万円~】低~中画質で動く

GTX 1060【11万円~】高画質で快適

GTX 1070【14万円~】最高画質で快適

GTX 1080以上【19万円~】最強!4Kも可!

-ゲームPCの選び方・豆知識