ゲーミングPCをおすすめ!ゲーム推奨PCサイト

ゲーミングPCをおすすめ!自作と比較すると安いノートからデスクトップまでご紹介。BTO ゲームPCの選び方も解説。

ゲーミングPCのおすすめの選び方

ゲーミングPCとは、PCゲームが動くパソコンですが、自作とBTOの2種類があります。グラフィック性能が重視されるため、家電量販店などで販売されている普通のPCはPCゲームに適していません。

自作とBTOの違い

自作は、ゲーミングPCを安くするのに、真っ先に浮かぶかもしれませんが、OS込みだとBTOより高くなります。その上、パーツの相性問題・故障などは、自己責任

なぜ、自作よりBTOが安いかというと、BTOメーカーは大量にパーツを購入しているため、個人が買うよりも激安になっているからです。

ゲーミングPCのおすすめはBTO

デスクトップ

BTOとは「Build to Order」の略です。PCパーツを注文時に選べるため、自作PCのメリットがありつつ、相性問題・故障も解決してくれます。初めてのゲーミングPCとしておすすめです。

メリット

  • PCパーツを選べるため、格安から最強ハイスペックまでゲーム用PCが手に入る
  • 基本的に自作より安い
  • 相性問題も無く、保証期間内なら故障にも対応

おすすめのBTOメーカー・販売店

まず選ぶのはメーカー・購入店ですが、数多くあります。そこで、自作・BTOを含め実際に各メーカーのPCを80台以上触ってきた経験から、おすすめのゲーミングPCメーカーを選びました。

ドスパラ

一番のおすすめは、ドスパラのゲームPC ガレリアです。

評判は良く、インテルCPU登載デスクトップPC販売実績が、アジアパシフィックジャパン圏内でNo.1です。つまり、日本どころかアジアで一番売れています

セール・無料アップグレード を狙うと最安値になります。かなり頻繁にあるので、こまめにチェックしましょう。

日本国内生産なので出荷が早く、初期不良率も低いです。仕事柄35台ほどドスパラのPCを触ってきましたが、一つも初期不良は無かったですね。

また、ゲーム推奨PCの種類が豊富で、さらにカスタマイズ幅も広く良い電源も選べます。失敗したくない初心者から上級者までおすすめです。


G-Tune(マウスコンピューター)

同じくらいおすすめなのが、マウスコンピューターのゲーミングPC G-Tuneです。

こちらもPCの種類が多く、安心の国内生産です。今までG-TuneのPCを10台ほど触りましたが問題なしでした。さらにG-TuneのゲーミングPCは、セール無しでも最安値であることが多くコスパが良いです。

また、デスクトップ用のGPUやCPUを登載しているノートPCも販売しており、かなりハイスペックです。

ただし、カスタマイズ幅は若干せまく、出荷が遅いことがあるという弱点もあります。


エイリアンウェア(デル)

デルのゲーミングPC ALIENWARE(エイリアンウェア)も有名です。

海外プロゲーマーの大会で特に使用され信頼性は高いです。また、デザインも格好良くプレミア感があります。

さらに、エイリアンウェアのノートPCは外付けグラフィックボードに対応しているため、購入後もデスクトップと同じように自分で強化できます。

ただ、弱点も有り、お値段は他より高い傾向にあります。


ツクモ、パソコン工房

他には、ツクモはG-GEAR、パソコン工房はレベルインフィニティというゲーミングPCを出しています。


やりたいPCゲームからゲーミングPCを

ゲーム

メーカーを決めてサイトを見に行っても、ゲーミングPCがたくさんあって迷ってしまいますね。

そこで各メーカーでは、PCゲームの動作確認をした推奨PCを用意しているので、そこから選ぶのがおすすめです。

また、推奨PCが無かったり、遊びたいゲームが複数あった場合は、問い合わせてみましょう。チャットでも聞くことができます。


デスクトップかノートPCか

デスクトップ ノートPC

パソコンには、デスクトップとノートがあります。

デスクトップの特徴

  • コスパが良く、同スペックならノートPCより安い
  • 購入後もスペックをアップグレードできる
  • ケースが大きいため、排熱性は良いが、場所をとる
  • モニタは別価格

ノートPCの特徴は逆になります。

迷うようなら、デスクトップをおすすめします。

ゲーミングPCは高くなりがちなので、コスパが良いのはありがたいです。また、ゲーミングPCはハイスペックなパーツを使うため熱が出やすいので、排熱性が高いのは非常に大きいメリットです。

それでも迷う場合はGPUから

GPU

ゲーミングPCの性能は、グラフィックス(GPUというパーツ)が最重要なので、それから選ぶという手もあります。なお、その次に重要なのがCPU、メモリです。

GPUはGTX 1060以上がおすすめ

GPUにも色々ありますが、2016年現在、最新のPCゲームをやりたいが、なるべく安くしたい、というコスパ重視な方におすすめは GTX 1060 です。

これは、1世代前のハイスペックGPUである GTX 980 に比肩する性能を持ちながら、価格は2万円も安く消費電力も 最大80W 少ないです。

また、GTX 1060以上のGPUは、最近はやりのVR(バーチャルリアリティ)にも対応しています!

なお、現在のハイエンドはGTX 1080ですが、これもVR特需で飛ぶように売れています。

グラフィックボードの比較と最新のおすすめはコレ!ノートとの違いと交換の注意点も

その他のゲーミングPCスペックについて

初心者向けに簡単に説明します。さらに詳しいことは別記事に書いたので参考にどうぞ!

CPUはi7-6700以上がおすすめ

CPUはパソコンの頭脳なので、GPUの次に重要です。性能が低いとGPUの足を引っ張ることもあるため、なるべく高性能にしたほうが良いです。

具体的には、GTX 1060以下ならCore i5でも良いですが、GTX 1070以上ならCore i7-6700以上、特にGTX 1080ならi7-6700Kがおすすめです。

なお、i7-6800K以上は、PCゲーム側が最適化してない場合が多いため、あまりおすすめしません。

ゲーミングPCのCPU比較の仕方。最新 i7のおすすめはコレ!

メモリは8GB以上

PCゲームでは、メモリ8GB以上が良いですが、大抵のゲーミングPCで登載されているので、そこまで気にすることはないです。

ただ、MODや実況、画像編集等をするなら16GB以上がおすすめ。多すぎても問題が起きることがあるので、32GBまでにするのが良いです。

SSDがあると何年たっても新品同様

SSDにOSをインストールすると、何年たっても新品同様の快適さなので、中古に売ろうなんて思うことは無いです。

容量は、最低100GBですが、おすすめは400GB以上です。最近のゲーミングPCでは標準搭載していることが多いですが、なくても購入時にカスタマイズで追加できます。

電源はちょっと良いのにするのがおすすめ

グラフィックボードは種類ごとに最低限必要な推奨の電源容量があります。最近はあまりありませんが、ギリギリの電源容量で登載してることがあります

ギリギリだと、経年劣化で電源容量が減ったり、数年後にハイスペックなグラフィックボードに交換しようとした時に、足りなくなるかもしれません。

実際のところ、グラフィックボード登載PCの全体の消費電力量は、推奨電源容量の50%~60%程度なので、足りてなくても動くことは有りますが、あまりおすすめはしません。

また、ゲーミングPCでは基本的に1日8~10時間稼働を前提としていることが多いので、廃プレイには向いていない電源の場合があります。

なので、標準搭載より少し容量が多い電源にするのが、PC寿命を伸ばすコツです。

ケースはミドルタワー型以上だと拡張性がある

デスクトップPCケースは、一般的なミドルタワー型、それより大きいフルタワーの他に、ミニタワーやスリムタワー、ボックス型といった省スペースタイプもあります。

省スペース型のPCケースは、後でゲーム実況や動画撮影をしようと思っても、キャプチャーボードが刺さらなかったりするので注意です。

また、省スペース型だと長いグラフィックボードが刺さらないことがあります。最近の省スペース型ゲーミングPCはグラボ登載スペースは広いですが、グラボ交換する予定ならよく確認しましょう。

ミドルタワー型のPCケースはスペースも広く、ATXマザーボードなので拡張性もあるため、そういった問題を解決しやすいです。将来どういった使い方をするかも考えてPCケースを決めましょう。

ゲーミングPCの比較・検索

当サイトではゲーミングPCを検索できるシステムがあります。

価格や、各PCゲームで快適にプレイできる画質(グラフィック)設定、メーカー等から、検索・比較ができます。もちろん無料です!

まずは最新PCゲームが快適に遊べる画質設定から分けたので、下記のリンクからどうぞ!

【8万円~】低~中画質で動く GTX 1060【11万円~】高画質で快適 GTX 1070【14万円~】最高画質で快適 GTX 1080以上【19万円~】最強!4Kも可!

2016/09/13